座間市の27歳の男性の自宅から9人の遺体が見つかったっていう事件!
ボーダーのスペシャル見た後だと、世間的には感じの良さそうな男が女を騙して家に連れ込んで殺したんじゃあ??と思ってしまう。

ボーダーでは幽霊から犯人を聞いて、犯人が解ってるのに証拠が出なくて、少々乱暴なことをしてでも証拠を探すって感じのストーリーが多いです。

今回もある女性が男に殺されて、自分の死体が始末されるまでに、男を逮捕してくれと小栗旬扮する石川刑事に頼んだ事から始まるんですよね。

石川刑事は幽霊から犯人の男の身元を聞いて、犯人の家も突き止めて犯人も会うけど、証拠がない。
死体を家から運び出す時が唯一のチャンスです。

で、結局、死体の入ったスーツケースを見つけてそれにGPS探知機をつけていたので男が死体を運んだ家に乗り込むのですが、その家の台所はプロの調理場みたいな感じで、もう何度も同じ事が繰り返されてた感じがしました。

ドラマの内容は忘れちゃったけど、多分あそこには沢山死体があったんじゃないかな。
なんか、似てますよね。レーザー脱毛 一番安い

バブルは、必死にすることのなかった時代でもあります。適当にやっているにも関わらず、なんだかうまくいってしまうということです。あんなに滑稽に、でもないのです。別にいいしという感じです。どちらかというと、平野野良さんの方が似ています。雰囲気で話すというのでしょうか。前提を知っているということでしょうね。
大人も年がら年中飲み会でした。大人も遊べた、というか、女性遊びということではなく、のみかいの多い時代でした。
当時の六本木に近づいたことはありませんが、ホテルオークラや赤坂プリンス、美味しいお料理は、その辺でいただくことが多かったです。そこで、テーブルマナーも身につけました。今でもしそれはとても役に立っています。
ケーキバイキングも流行っていましたね。ブランド品も、証券会社のOLはお客さんから頂いていたという話を聞いています。もうけさせてもらったトレイということだそうです。女性が、ラッキーな時代でした。